より安全、かつ確実にデータを復旧出来る可能性が高くなります

削除した情報をどう拾うか

ハードディスク

専門業者が実施するサルベージの仕組み

データを削除した場合、基本的に情報はごみ箱の中に移行されます。そのごみ箱からも削除してしまった場合、データは完全に消去されてしまうと考える人も多いでしょう。ですが実際にはOSからその情報が見えなくなるだけで、そこにあったデータが消えてなくなるわけではありません。この場合、データを保存していた領域がわかれば復旧できる可能性は非常に高いと言えます。記録メディア内部では、インデックス情報と実データは離れた領域に保管され、通常の削除で消えるのはインデックス情報だけです。このことでOSはその情報を「存在しない」と認識し、ユーザーからは見えなくなります。この時点では実データになんら変更が加わる事はなく、他のデータを上書きするようなことがなければ完全に失われる可能性は低いです。もともとこれはアクセス性能を向上させるために取られている仕組みですが、これを利用して消去データを復旧することは比較的容易です。インデックス情報の痕跡からデータ復旧するだけなら、市販のツールで解決を試みることも確かに可能でしょう。ただふたを開けてみるとそれらも完全に崩壊していて、一切の痕跡が無くなっている場合もあります。こうした状況でも、専門業者なら対応できる手段をもっています。残されているはずの実データの特徴を解析しサルベージするといった手法ですが、これは一般に実施可能なレベルではありません。もちろん状況によっては著しく断片化したり欠損したりすることで、サルベージできても正常に開くことができなくなっているファイルも存在します。ただそうしたファイルでも、独自の再構築技術によって修復を試みることができるのが専門業者です。最善を尽くすなら、問題が発生したメディアにはやみくもに復旧ツールなどを使わず、そのまま早急に専門業者に依頼するのが一番です。

Copyright© 2020 より安全、かつ確実にデータを復旧出来る可能性が高くなります All Rights Reserved.